ネイルアートとは

最近は、ネイルを綺麗にしている人を多く見かけるようになりました。

様々な色のマニキュアであったり、個性的なデザインが施されていたり、キラキラ光るラインストーンや金属製のピアスがついていたりしますよね。

 

これは、ネイルアートと言って、自分の爪やネイルチップの上に芸術的な飾り付けをすることを言います。

自分でシール等を使って簡単に出来る場合もありますし、凝ったものであればネイルサロンと呼ばれる専門店で、資格を持ったプロのネイリストさんにお願いする場合があります。

 

通販やネットショップなどで個人でも豊富な種類の材料が手に入りますから、器用な方は自宅で出来るかもしれませんね。

プロにお願いした場合、10本全て同じデザインにすることも出来ますし、小指だけ異なるデザインにしてみたり遊び心を取り入れたデザインなどはどうでしょうか。

中には、足の爪までネイルアートを楽しむ人もいるそうですよ。

系統も様々で、美人系・OL系・姫系・ブライダルネイルなどがあり、自分の好みの系統でお願いし、細かいデザインはお任せというのも出来上がりが楽しみですよね。

 

こういった芸術性が必要なネイリストは今非常に人気のある職業で、スクールなどに通う人も多いようです。

地爪やネイルチップという小さな範囲でオリジナリティを出すには、やはり練習とセンスが必要です。

3Dで描いた立体的な作品など沢山の個性あふれるデザインがありますので、興味のある方は、ネイルアートギャラリーを覗いてみると良いかもしれません。